記事一覧

「西播磨路の窯」展2009

会場 西播磨総合リハビリテーションセンター
    リハビリテーション西播磨病院ギャラリー
会期 2009年5月11日(月)~6月21日(日)
出展者 西播磨地域を拠点に活動する陶芸家6名

「粉引一輪挿し」
ファイル 445-1.jpg
出展者紹介カードに、今回はこんなコメントを載せました。

今から10年ほど前に出会った器がキッカケで、私はそれまでの会社勤めを辞め、陶芸の世界に足を踏み入れました。以来、たくさんの人たちに支えられ助けられて、今ようやく自分の思いを少しは形にできるようになりました。
10年前に出会ったその器を今でもときどき手に取り眺めますが、その魅力はいまだ私の中で衰えることがありません。そんな「時間を超えて愛される器」を私も作っていきたい(作れるようになりたい)と願い、日々作陶に励んでいます。

他の器たちは コチラ (全9枚)。

作陶::作品展 | 2009.05.14 23:59

「西播磨の窯」展2008 終了

「西播磨の窯」展2008 が終了、作品を撤収してきた。

撤収を前に、担当者さんが言われることに、
所長さんがぼくのコーヒーカップをいたく気に入られて、売ってもらえないか?とおっしゃってる、とのこと。
もちろんぼくの方に異存のあろうはずもない、はい喜んで、。

窯出しした瞬間に、自分で「あっ、これは!」と思ったものは、必ず他人も評価してくれる。このコーヒーカップもそうだけど、他の作品にもそれは間違いなく言えることだ。そういう意味で、ぼくの感覚は大きくは間違っていないってこと。信じて、突き進めばいいってこと。

こういううれしい反応の積み重ねが、ぼくの自信を深めていってくれる。
陶芸やってて良かったって思える瞬間。

写真は、展示会場となっていた、西播磨総合リハビリテーションセンターの正面入り口付近。
すんごい建物。
ファイル 226-1.jpg
GR Digital II, 5.9mm, 13:37:35, 1/125s, F2.4, M, ISO80, SILKYPIX DS3.0-1/2, 記憶色2

作陶::作品展 | 2008.03.02 16:23 | comment (0)

「西播磨路の窯」展 2008

会場 西播磨総合リハビリテーションセンター
    リハビリテーション西播磨病院ギャラリー
会期 2008年1月6日(日)~3月2日(日)
出展者 西播磨地域を拠点に活動する陶芸家6名

この作品展は、2006年7月にセンター開設記念として実施されたのに続き、今回、第2回目として実施されるものです。
(ちなみに、第1回目の様子は、ヒラフクノートの sketches にアップしてあります)

ファイル 169-1.jpg
GR Digital II + GW-1, 4.4mm, 12:37:09, 1/30s, F2.4, A+0, ISO80, SILKYPIX DS3.0+0, 記憶色1

今回はあんまり写真撮ってないです。というわけで、とりあえず自分の作品だけ、こんな感じ、。
ファイル 169-2.jpg
GR Digital II, 5.9mm, 12:42:44, 1/60s, F2.4, M, ISO80, SILKYPIX DS3.0+0, 記憶色1

昨年11月にやった、Earth Worm展 「源泉」 から、ホンの一部抜粋、みたいな感じです。

作陶::作品展 | 2008.01.06 23:58

ページ移動